大人なのに子ども服を着ていると、「なんで?」とよく聞かれます。もちろん、大人の洋服だとサイズがないから、というのが一番の理由なのですが…。中には「ウケ狙いなんじゃないか」「人と違うことがしたいだけなんじゃないか」というご意見もちらほら。

まぁ、あえて否定はしませんが、子ども服を着ることのメリットって、実はいっぱいあるんです。というわけで、思いつく限り、20個ほどお伝えしたいと思います。

一度着たらやめられない!子ども服を着るメリット

1.とにかく安い

大人の半額〜1/3くらい。生地が少ないからとか、そういう理由なのかな?

たとえば、組曲で大人服と子ども服を買うと…(左が大人服、右が子ども服)

3倍もの価格差が出ちゃうんです。

2.たくさんの種類が買える

安いから、ね。Tシャツとか1,000円以下だし。

3.ピンクや水色などパステルカラーが多い

でも実は、黒とかも多い(入学式とか発表会用らしい)。

4.リボンやフリルもいっぱい

胸元リボンのワンピは25歳までって、どっかの雑誌で読んだことがあるけど…そんなことないよね?

引用:キャサリンコテージ

5.ポケットがついている

大人の女の人の服には、なぜかポケットがないんです。(スカートとか、ワンピースとか)

カンガルーとか、ドラえもんとか、ああいう感じのポケットが欲しいのだけど…。

6.汚れても気にならない

シルクとか使った服だと、座る場所も気にしちゃう。夏はコットン、冬はニット、年間を通してアクリルが多いから、思いっきり遊べる(どこで?)。

7.ミニスカートが履ける

大人向けのスケートは、なぜか膝丈が基本。ミニスカの方がかわいくないですか?

8.ストッキングを履かなくてもさまになる

  • ミニスカ+ニーハイソックス
  • ショートパンツ+くるぶし丈ソックス
  • プリーツスカート+ハイソックス

子ども服なら、こんな格好がさまになる。(大人服は、ストッキングしか似合わないようにできてるっぽい。特にスーツとか)

9.クリーニングに出さなくていい

シルクとか(しつこいw)カシミヤとか使ってないから、洗濯機で十分。

しかも、アイロンもほとんどかけなくてOK!

10.若く見られる

明るい色の服を着ていると、なぜか自動的に若いと思われる。

11.痩せる

身長が低い + 標準体重以下くらいの体型にしとかないと、さすがにウエストが「うっ」ってなるので。

12.個性的になれる

「どこで買ってるの?」とみんなから聞かれる。みんながふだん、足を踏み入れない子ども服店で買ってるから、ぜったいに人と被らない(けど、小学生とは被る)。

初対面だと、遠くから様子を見てからしか、近寄ってきてくれないというデメリットもあったり。

13.覚えてもらいやすい

いい意味でも、悪い意味でも(警察には覚えられたくないなぁ)。

14.お直しをしなくていい

ジーンズの裾を切ったり、ジャケットの袖を詰めたり。ああいう、時間とお金がかかることから解放される。

こういうのに憧れていた時期もあったなぁ。でも、ジーンズを半分くらい切らないとぴったりサイズにならない=無駄=で、諦めた。

15.裾を引きずる心配がない

子ども服のマキシ丈スカートなら、サイズもぴったり!

16.歩きやすい、走りやすい

基本的に丈が短いから、階段で3段飛ばしもできるし、猛ダッシュもできる。

ブランコとか、滑り台とかも楽しめる♪…って、やらない?

17.キャッチセールスに遭わない

子ども服を着るようになってから、声をかけられることは、ほぼなくなりました。

「カップル,愛」というタグがついてるイラスト。なんだけど、言い寄ってる風に見えるのは私だけ?ちなみに、キャッチだけじゃなく、ナンパも激減しましたw

18.お酒を強要されない

「もしかしたらまだ、飲めない歳なんじゃないか…?」と思われてるみたい。

飲み会でオレンジジュースを飲んでいても、怒られません。

19.たいていのおバカな行動が許される

横断歩道の白線を踏んで歩くとか。

20.可愛くなくても、かわいい女子カテゴリに入れてもらえる

妹キャラとか、うさぎ系女子とか、かわいい女子カテゴリに、まんまと入れる。(天然とか不思議ちゃんカテゴリに入れられることも、たくさんあるけど)

無理して大人にならなくていい

20歳になったからとか、社会人になったからって、無理に大人っぽく見せなくったっていいんじゃないかな、と思ってます。

だって大人の期間って、すごく長いから。100歳まで生きるなら、80年も大人をやってなくちゃいけない。そんなのは疲れちゃうなー、って。

だから、お洋服くらいは、ゆるゆると子どもっぽく。会社ではスーツを着なくちゃいけないことも、ストッキングを履かなきゃいけないこともあるけれど、プライベートな時間くらいは、ね。

そんなこんなで、人の目なんて気にせずに、好きなものを着るという、今のスタンスにたどり着きました。

どんなお洋服で過ごしている時が、一番楽しくて、心地いいのかを考えてみると、もしかしたら、これまでとは違う自分を発見できるかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください