『恋愛』がテーマのドラマやマンガがたくさんある中で、最近では「恋愛なんてめんどくさい」と感じる20代が増えてるようです。

楽しいはずの恋愛なのに、「めんどくさい」と感じてしまうのってなぜなんでしょうか?

恋愛がめんどくさいと感じる理由

相手と予定をあわせるのがたいへん

恋愛は1人じゃできません。デートをするだけでも、自分と相手のスケジュールを合わせる必要があります。これを、めんどくさいと感じる人が多いんだとか。

学生なら学校やバイト、友達や家族との予定だってたくさんあります。社会人になれば、仕事を優先せざるを得ません。こうなると、デートのスケジュールはどうしても後回しになってしまいますし、だんだんと会うことすらめんどうになってしまう気持ちもわかりますよね。

恋愛をする余裕がない

時間だけじゃなく、気持ちの面でも余裕がないことも原因のひとつ。学校や部活、仕事に集中したいときは、自分のことでいっぱいいっぱい。恋愛をしているだけの心の余裕がなくなってしまうのです。

駆け引きやケンカがめんどくさい

いくら好きな男の子とはいえ、自分とは違う人間ですから、ときにはケンカしてしまうことだってあります。相手によっては、気持ちを試されたり、価値観を押しつけてくることもあるかも。

ケンカを乗り超えてこそ愛は深まる!という声もあるけれど、正直、疲れちゃいますよね。「ケンカなんかでパワーを使いたくない」という気持ちは、よくわかります。

1人でいるのが楽しい

スマホさえあれば、今はなんでも一人で楽しめることができます。そうなると、興味のないコミュニティから離れ、自分の好きな世界にどっぷりと浸かってしまいます。

それ自体はべつに、悪いことではありません。自分の好きなことを追求したり、「おひとりさま」を楽しんだり。ただ、それが行き過ぎると、他人と関わることがめんどくさくなってしまうんですね。恋愛をしたら、自分の好きなことをする時間がなくなってしまう…というのも大きな理由のようです。

恋愛で傷つくのが怖い

過去に恋愛のトラウマがあったり、誰かからネガティブな話を聞いたりすると、その恐怖心から恋愛を避けてしまう人もいます。

『恋愛をしなければ、恋愛で傷つくことはない』というのは、真理かもしれません。

ですが、「本当は恋愛したいけど怖いからできない」と思っているなら悲しいことですよね。傷つくことは怖いことですが、傷ついた先に見える世界もあるかもしれないんですから。

恋愛はしたいのに好きな人ができない

「彼氏ほしーい」が口ぐせの女の子、いますよね。ですが、そもそも彼氏を探すこと自体めんどくさいと思っていることも多いんです。

めんどくさいから合コンには行かないけど、彼氏はほしい。新しいことを始めてみれば?と提案しても、「んーめんどくさいからいいや〜」、と拒否られる。

はっきり言います。行動していない人のところへ、運よく空から彼氏が降ってくるなんてことはありません!

高収入で、背が高くて、やさしくてイケメンで爽やかで頭がよくて…etc。なんてエベレスト級の理想を掲げてしまうのも、どうかと思います。

かわいくてナイスバディで、いつもやさしく料理上手で悪口も言わない…。そんな完璧女子が周りにいないように、完璧男子もこの世界には存在しません。ハードルを下げなければ、いつまでたっても彼氏なんかできないということですね。

恋愛は必須ではない!『おひとりさま』の4つのメリット

自分の時間が増える

恋愛をしなければ、すべて自分の時間にできます。どこにいくのもなにをするのも自由。誰かと合わせることもなく、好きなように決めることができます。

夢中になっていることがあったり、人に合わせることが苦手、という人なら特に、自分の時間を確保したいと思うものです。

実は筆者も、通販で購入した10,000ピースのジグソーパズルを黙々と作っていた時期がありました。そのとき感じたのは、「他人に気兼ねせず自分の好きなことができるって最高!」ってこと。

「今日はパズルしたいから、デートできないの」と言って、快く許してくれる恋人ならいいですが、「俺よりパズルかよ…」とスネてしまう男の子もいるかもしれないですからね。

*ちなみにジグソーパズル、おすすめです。脳の活性化にもつながるらしいです。

ストレスが減る

恋愛は楽しいこともありますが、悲しいことや切ないこと、爆発しそうなくらいムカつくことも時にはあります。イライラしたりモヤモヤしたり、「あぁー!ストレス溜まる!」と、叫びたくなってしまうことだってあります。

ストレスは恋愛が原因のものだけではないですが、恋愛をしなければ、ストレスはぐっと少なくなるはず。

となると、今度は外野がうるさくなってしまいますが、「彼氏作んないの?」「結婚したくないの?」という価値観押し付けマンは、「充分人生楽しんでるから」と華麗にスルーしてください。

感情に振り回されない

相手を好きなあまり、感情をコントロールできなくなってしまうことも。けんかして泣いたり怒ったり、嫉妬したり…。彼氏が不機嫌になると「わたしのせいかも?」って思い悩んだり。これじゃあ、疲れてしまいますよね。

仕事や家族、友達との間にもいろいろあると思いますが、恋愛が一番大きく感情を揺さぶられます。恋愛をしないことで、めちゃくちゃ嬉しい!というのがない反面、苦しいこともないので、気持ちを安定させられるというわけです。

人生の選択肢が増える

女の子が結婚するとなると、制約が出てくることが多いものです。会社内では女の子であっても差別されることはなく、バリバリ仕事ができます。ですが、たとえば旦那さんが転勤になった場合は、奥さんが合わせることがほとんど。そうなると、女の子は仕事を辞めなくてはなりません。

こんな風に、『女の子が男の子に合わせる』ことを求められる状況って、モヤっとするけどまだまだ多いんです。

恋愛や結婚をしなければ、どこに住んでどんな仕事をするかも、今日なにを食べていつ眠るかも、すべて自分で決められます。

恋愛に縛られない自分だけのフリースタイルは、ハマると最高に楽しかったりするものです。

恋愛がすべての時代は、もう終わり!

「25歳を過ぎたら結婚するのがあたりまえ」というのは、昔の話。いまだにそんなことを言っている人は、化石(失礼!)みたいなもの。いずれ風化していく過去の遺物です。

恋愛をするもしないも、結婚をするもしないも、すべては自分が決めること。

もちろん、恋愛って楽しいこともたくさんあります。幸せを感じたり、人生が充実してると思うこともきっとあります。

けれど、『幸せ』も『満足感』も、恋愛だけが与えてくれるわけではありません。

それは仕事かもしれないし、友達かもしれないし、趣味かもしれない。恋愛だけで人生の幸せレベルを測ろうなんてことは、まったくもってナンセンス。

幸せを増やす方法は、他の誰でもない自分で選ぶものです。その方法が恋愛以外のことだって、いいんです。

自分が幸せだと思えれば、他の人がなんと言ったってOK!選んだ道が、あなたの正解なんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください