正直に告白します。

カレンちゃんは、オタクです。正確にいうと、アニオタです。腐女子です。で、最近ハマっているのが「転生したらスライムだった件」、通称・転スラです。

家族や友達はもちろんのこと、初めて会った人にまで、オススメしちゃうほどの熱中っぷり。ちなみに同じ話を、もうすでに3回も見ています。

そんなときに飛び込んできた、グッドニュース!!!!!

なんと、転スラの続編の制作&放送が決定したのですヾ(´∀`)ノオメデトー♡

というわけで、心おきなく(?)転スラをおすすめしちゃおうと思います。ちょっと長くなっちゃうかもしれないですが…しばし、おつきあいくださいませ。

主人公はスライム!リムル・テンペストって何者?

主人公・三上悟が通り魔に刺されて、異世界に転生してスライムになって…というのは、公式サイトのSTORYとかWikipediaとかで、めちゃくちゃ詳しくかかれているので、あえてここで書く必要はないかなー、と。

というか、今回の話、ストーリーとかあんまり関係ないんですよね。

…って言っちゃうとちょっとアレで、ストーリーはもちろん大好きなのだけど。カレンちゃん的に「転スラ」が好きな理由は、主人公であるリムル・テンペストの生き方だったりするんです。

リムル・テンペスト(引用:公式サイト

で、そのリムル流のゆるふわな生き方に大きく関わりがあるのが、異世界に転生したリムルが身につけた2つの特殊能力(ユニークスキル)。

ユニークスキル(1)大賢者

困ったときに、リムルの脳内でさまざまな知識を授けてくれる。次に紹介する「捕食者」と連動して解析などもしてくれる。ひとこと多かったり、リムルのほうが賢かったりと、(人じゃないのに)人間味があるのが転スラっぽい。

ユニークスキル(2)捕食者

アニメ、ゲーム、映画史上、最大・最強のスキル(だと、カレンちゃんは思ってる)。

伸び縮みするスライムの身体の特性を存分に活かしたスキルで、相手を体内に取り込むことで、

  • スキルを解析
  • スキルを自分のものにする
  • 相手の姿に擬態
  • 体内に保管

することができちゃうんです。

ワン○ースのルフィとか、○魂の銀さんとか、「最強」といわれるヒーローをすべて捕食しちゃえば、リムルの一人勝ち、というわけ(これを言ったら元も子もないことはわかってます…いちおう大人なのでね、はい)。

シズさんに擬態したリムル(引用:公式サイト

「捕食者」のスキルがあれば、どんな強い敵がでてきてもへっちゃら。だからリムルは、レベルアップのための修行をしたり、敵と死闘を繰り広げることなく、強くなれちゃうんです。

リムル流・ゆるふわな生き方って?

「努力しなくても最強」だから、余裕がある=ゆるふわに生きられる。という側面はもちろんあります。

ですが、それだけじゃないと思うんですよね。リムルの考え方には、もっと楽(らく)に、もっと楽しく生きられるヒントが、いっぱいある気がするんです。

なんでも受け入れる

子どもの頃は好奇心のおもむくままにいろんなことをしていたのに、大人になるにつれて「危険そう」「メリットがない」「お金がかかる」「疲れる」「怖い」…といった理由で、拒否したり、拒絶反応を示したりすることが増えてきますよね。

リムルも「一応は」デメリットを考えます。でも最後は、

  • 新しいこと:やったことないけど、やってみよう。
  • なんか危険な感じがすること:危ないかもしれないけど、たぶん、なんとかなる。
  • 自分を殺そうとした敵:いろんな人がいた方が、いろんなことができる。

…という感じで、なんでも受け入れちゃいます。

笑って受け入れるのが、リムル流。(引用:公式サイト

事前にリスクを考えておくことは大事。でも、やってうまくいく場合もあるし、うまくいかなかったら、そのときに直す方法を考えればいいんだから。というのが、(たぶん)リムル流。

だからこそ、トラブルに巻き込まれることもあるけれど、巡ってくるチャンスも多いというわけですね。

我慢しない、言いたいことを言う

「なんでも受け入れる」と相反するようですが、意外とこれが両立できちゃうものなんです。

人間に擬態できるのが嬉しくてたまらないリムル(引用:公式サイト

受け入れるというのは、肯定するということ。

相手の意見を肯定したからって、自分の意見を言っちゃだめ、ということにはなりません。言いたいこと、やりたいことはしっかり主張する。

受け入れられたらハッピー、受け入れられなかったら残念…!くらいの気持ちでいると、相手に対して怒ったり、幻滅してしまうこともありません。

いい意味で相手に期待しなければ、自分が傷ついたり疲れたりすることはないですからね。これこそが、リムル流・人付き合いの極意なんだと思います。

人に任せる

できないことを努力してできるようになって、強くなる。

ヒーローものにありがちのストーリーで、これはこれでかっこいいのだけれども、ね。でも、現実問題として、これってかなり疲れちゃうんですよね…( ๑´•ω•)۶”

それに、どんなにがんばってもできないこともあるわけで。その場合には、完全に無駄な努力になってしまいます。

できること・できないことについて、リムルの方針はいたって単純。

自分ができること、できそうなことについては、全力でやる。やってみる。自分ができないことについては、やらない。

…って、「おいおい」ってなりますが、自分でやらないからといって、問題を放置したりするわけじゃありません(いちおう、「ジュラ・テンペスト連合国」の盟主なので)。

ときには偉そうに振舞わなきゃいけないのは、たいへんそう(引用:公式サイト

じゃあどうするかというと、できる人にすべてまるっと任せちゃうんです。

任せることで何が起こるかというと…

  1. 得意な人がやれば仕事が早い!超合理的!!効率的に仕事が進む
  2. 任される=能力を認められた=褒められるということなので、褒められた人は嬉しい!

特に重要なのが「2」の方。仕事を任された人は、任せてくれた人をどんどん好きになっていきます。

こうして労せずして、自分のファンを増やせるというわけです。

リムルみたいに、ゆるふわに生きよう♪

リムル流生き方のポイントは、たった3つだけ。

  • なんでも受け入れる(肯定する)
  • 我慢しない、言いたいことを言う
  • 人に任せる

「わたしの意見もいいし、みんなの意見もいい。じゃあ、一番いい方法でやってみようよ。」っていうスタンスでいると、ストレスを感じなくていいのかな、と思います。

…って説明しても、なかなかわかりづらいかも。実際にアニメを観てもらうと、リムルのゆるふわな感じが、よくわかると思います。

テレビ放送は終わっちゃいましたが、TSUTAYA TV(TSUTAYAの動画配信サービス)なら、いつでも好きなとき観れるのでおすすめです⁽⁽ ◟(灬 ˊωˋ 灬)◞ ⁾⁾

ちなみに最初の一話は、TSUTAYA TVまたは、TSUTAY DISCUSの新規会員登録をすれば無料で見ることができるので、興味のある方はぜひ、登録してみてください♪

*TSUTAYAで人気の映画、ドラマ、アニメが月額933円(税抜き)で動画見放題!30日間無料でお試しができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください