なぜかあの子はお姫様扱いされる…羨ましい女の子っていますよね。男の子から自然と丁寧に扱われたり、よく褒められたり。やたらとチヤホヤされる人が、あなたの周りにもいると思います。

「はいはい、見た目が可愛いからでしょ?」と思ったあなた。実はそうとも限りません。男子がお姫様扱いしたくなる女子には共通する特徴があります。この記事では、そんなお姫様扱いされる女の子の特徴について紹介したいと思います。

お姫様扱いって、どんな扱い?

まず一つ誤解してほしくないのは、お姫様扱いとは男の子が女の子の言うことを何でも聞くような上下関係ではありません。たとえば、社員が社長のご令嬢を見るような「お嬢様扱い」とは少し違います。

では、お姫様扱いとは、どのような待遇のことなのでしょうか。

レディファーストでエスコートされる

お店で良い席へ座らせてくれる、車のドアを開けてくれるなど、エスコートしてくれるはお姫様扱いのサイン。他にも、飲み会の帰りに家の近くまで送ってくれたり(家までは来ない)、歩道を歩くときも男性が車道側を歩いてくれたり、いつもあなたが快適に過ごせるようにリードしてくれます。

「これぞお姫様扱い」といえるポイントは、女の子が指示するのではなく男の子側から率先して気を使ってくれるところにあります。

あなたに関する質問が多い(気にかけてくれている)

あなたをお姫様のように大切にしたい彼は、いつも気にかけてくれます。「疲れた?」「カバン重い?」「暑くない?」など、あなたに関するさまざまな質問をしてくれるでしょう。

本来、男の子は本能的に強さを見せたい生き物なので、とくに女の子の前では自分の話をしがちです。ところが、そんな本能はそっちのけであなたに関心を寄せる様子は、まさにお姫様扱いといえます。

褒めてくれる

髪型や洋服の変化に気づいてくれたり、どんなに小さなことでも全力で褒めてくれるところもポイントです。普通の人なら「ふーん」で終わりそうな話題も、「おもしろいね」とか「それすごいね」と少し大げさなくらい褒めてくれるでしょう。

でも、時には叱ってくれる

甘やかすばかりではなく、ときには愛情をもって叱ってくれます。いつも褒めるだけの人は何だか下心がありそうで信用できませんが、たまに叱ってくれると「よく見てくれている」と思えますよね。

もちろん彼にとってあなたはお姫様なので、傷つくような言い方をしたり感情的に怒鳴りつけたりはしません。

お姫様扱いされる女の子の特徴(1)見た目・行動編

では、お姫様扱いされる女の子にはどんな特徴があるのでしょうか。それが意識できれば、今日からあなたもお姫様になれるかもしれません。まずは見た目・行動からチェックしていきましょう。

言葉遣いが上品で礼儀正しい

言葉遣いや礼儀作法に品の良さが見えると、「丁寧に接しなければ」と思う男の子は多いはず。育ちの良さが感じられる女の子は、自然とお姫様扱いしたくなるものです。

もちろん、言葉遣いなどはその場かぎりで取り繕ってもすぐにボロがでてしまいます。日頃から上品な振舞いを意識してみると、少しずつあなたへの対応が変わってくるかもしれません。

話しかけやすい雰囲気

お姫様扱いしたくなる人には、話しかけやすい雰囲気があります。基本のイメージは明るく優しそうだけれど、少し危なっかしくも見える感じ。そんな女性は話しかけやすいですし、ついつい手を差し伸べたくなります。

話しかけやすさがにじみ出るポイントは、一人でいるときの表情です。こわばった顔をしていると、どうしてもピリピリしているように思われ話しかけにくいもの。一人でいるときこそ、リラックスを心がけてみてください。

口角が上がっている

いつも口角が上がっている人、つまり自然と笑顔でいられる人は周りを魅了します。微笑むような表情は警戒心を和らげるので、話しかけやすい雰囲気にもなります。そんな幸せオーラを発する女の子には、「笑顔でいてほしい」という感情からお姫様扱いしてしまうのかもしれません。

ただし、誰にでもほんわかした笑顔を向けていると、チャラい男も寄ってきますので要注意です。

お姫様扱いされる女の子の特徴(2)性格編

続いて、お姫様扱いされる女の子の性格を見てみましょう。

褒め上手

よく褒められる女の子は、自分からも積極的に褒めていることが多いです。そして誰からも愛されるお姫様は褒め上手だからこそ、自然と男の子も褒めたくなるのでしょう。

もちろんお世辞ではなく、心から出る褒め言葉でなくてはいけません。これが簡単なようで、褒め慣れていない人にはなかなかできないのです。悪いところを見つけるのは簡単ですが、良いところを見つけて褒められるからこそ、お姫様なんですね。

感情表現が豊か

人を褒めるときの感情表現が豊かなところも、お姫様たるゆえんです。言葉だけではなく、表情や声色から本音で喋っていることが伝わるので、そのリアクションを見ているだけで男の子は癒されます。ちょっとしたことでも、想像以上に喜んでくれると誰でも嬉しくなりますよね。そんな女の子は。自然と大切にしたくなります。

弱い部分を見せてくれる

お姫様のように愛されるためには、少しスキがあることも必要。いつもキラキラと幸せそうなのにたまに弱い部分を見せられると、男の子はその人を守りたい気持ちになります。

「たまに」というのが大切で、いつも弱音ばかりのネガティブ人間ではお姫様扱いされません。発言の8割はポジティブ、2割がネガティブくらいがお姫様比率といえるでしょう。とはいえ、つらいときに無理して明るくする必要はありませんからね。

あなたも今日からお姫様になれる

本当のプリンセスにはなれませんが、お姫様扱いされる女の子になるのは難しいことではありません。もちろん、あなたにも可能なはず!まずは口角を上げる、人を褒めるなどの簡単なことから試してみると、男の子の反応が面白いように変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください