いつもたくさんの友達に囲まれている人に比べて、友達が少ない人は劣等感を感じてしまいがちだと思います(ぜったいにそんなことはないと思うのだけど、友達が多い=優れてる?的な発想になりがち)

でもそれって、悪いことなんでしょうか?実は友達が少ないと、人生でも恋でも、得することが多いんじゃないかな、と思ってます。そこで今回は、友達が少ないことのメリットや、男の子から見たイメージがどんなものなのか?調べてみました。

友達が少なくてもOK!友達が少ないことのメリット

友達が少ないことはメリットが多いんです!これは「友達が少ない」と自信を持っていえる筆者の経験からも、間違いありません。さっそく、理由を解説していきます。

自分のやりたいことに打ち込める

友達が多い人というのは、毎日いろんな人からお誘いがあったり、LINEが鳴りやまなかったりと退屈しなさそうです。けれど見方を変えれば、それは自分の時間を失っているという風にも考えられます。

一方で友達が少ない人は、一人でゆっくりとご飯をつくって楽しんだり、自分磨きをする時間もたっぷりあります。趣味や勉強など、自分のやりたいことに打ち込む時間があることで、(たぶん)人生は豊かになるはずです。

人間関係のストレスが少なくなる(精神的に余裕ができる)

仕事もプライベートも、一番のストレスは人間関係だと思います。友達が増えるほど気を使うことも増え、ケンカなどのトラブルによって気疲れすることもあるでしょう。

友達が少ない人はそんなストレスにさらされる危険が少ないので、精神的に余裕ができます。また、一人きりの時間で自分と向き合ったり、思考を整理する余裕ができるというのも大切なことですよね。

大事なこと・大切な人にお金を使える

交際費は、ばかになりません。友達や会社の同僚とのご飯・飲み会が続けば、お金は湯水のように無くなっていきます。その点、友達が少ない人は、スキルを磨いたり、旅行へ行ったり、本当に大切な人と過ごすためにお金を使うことができます。友達付き合いをすべて断るのはおすすめしませんが、あまり得るモノのない飲み会などは減らしていきたいですね。

友達が少ないことのメリットは、まだまだたくさんあります。一方で気になるのは、周りからの印象です。特に、好きな男の子にどんな風に思われているのかは気になりますよね。友達が少ない女の子は、男の子からどのように見えるのでしょうか?

友達が少ない女の子って、男の子からはどう見られてる?

日本は同調圧力が強いので、仲間内で「友達が少ない=嫌われている」というイメージを持たれてしまうのでは?という心配もあると思います。でも安心してください。男の子からの印象は決して悪くないのです。

*同調圧力:周囲の多くの人と同じように考え行動するよう、暗黙のうちに強制すること。(「デジタル大辞泉」より引用させていただきました)

一人の時間が好き

八方美人な人は、男女関わらず好かれません。ですから、特定の人としか付き合わない女の子を見て、男の子がマイナスイメージを持つことほとんどないと思ってよいでしょう。「一人の時間が好きなんだな」くらいの印象です。場合によっては、もの静かで清楚な印象を与えるので、プラスに働くこともあるでしょう。

自分を持っている(周りに合わせないからおもしろい)

友達が少ない女の子には、周りに合わせないという側面があります。女性は共感や仲間意識を大切にするので、同調しない人は仲間外れにされることも多いようです。

しかし男の子目線では、大勢と群れている女の子には魅力を感じません。ダイヤモンドは数が少ないからこそ価値が高いですよね?同じように群れに属さず、自分を持っていてブレない女の子のほうが珍しいので、魅力的に見えるのです。

浮気の心配が少ない

友達が多い人は、同窓会や合コンなどの誘いも必然的に多くなります。すると、他の男の子と連絡先を交換するシーンも増えるので、浮気のリスクも増えるわけです。彼氏としては心配ですよね。対して、友達が少ない女の子は一途で、浮気の心配もなさそうに見えます。

とはいえ、人付き合いは変わっていくものなので、彼と付き合ったら「友達を作れない」というのも問題です。男の子に好きになってもらうときは、友達が少ないこと以外の魅力もアピールしてくださいね。

友達を「つくらない」のはOK!でも、友達ができないのは大問題!友達ができない女の子の特徴

友達が少ないことは、けして悪いことじゃありません。大切なのは、友達をつくらないの?それともできないの?という点です。

つくらないのは個人の自由ですが、つくりたくてもできないのであれば、何か改善すべきところがあるかも。最後に、友達が「できない」女の子の特徴を見てみましょう。

時間や約束を守らない

言うまでもなく、時間に遅れたりドタキャンする人は嫌われますよね。とくに社会人になると締め切りは絶対ですから、時間を守れない人は相手にされません。また、時間に遅れるのは習慣ですので、クセになると友達からの信頼をどんどん失っていきます。「ご飯や遊びの待ち合わせにいつも遅れてしまう」という人は今すぐ改善してくださいね!

自分の話ばかりする(自己中)

もしかしたら、人への思いやりが足りないのかもしれません。たとえば会話するときに、相手の話「1」に対して、自分の話が「9」になってしまったりしてませんか?自分のことを知ってもらいたい!楽しかったことを話したい!という気持ちはわかります。しかしそれだと、聞く側はうんざりしてしまいます。

また話の最中で「あ、私の場合は~」のように自分の話に変えてしまうのも、友達は「話を聞いてもらえてない」と感じてしまいます。意外と自分では気づかないところなので、一度仲の良い友達にチェックしてもらうとgoodです。

悪口が大好き

人に嫌われたくなければ、けして他人の悪口を言ってはいけません。なぜなら、人の悪口を聞かされている側は、「私も陰で悪口を言われてるのかな」と思ってしまうからです。一度そういう印象を与えてしまうと、もう友達とは見てくれないかも….。悪口、うわさ話、人の不幸話は盛り上がってしまうだけに、注意してくださいね。

友達は量より質!少ないことのメリットを楽しもう

友達が少ないほうが良いわけではないですが、無理してつくる必要もないことがわかってもらえたら嬉しいです。一方で、友達がをつくらないのではなく、”できない”というのは何か自分にも問題があるのかも…。自分だけを責めるのはよくないけれど、たまには自分を振り返ってみると、反省しなくちゃいけないところが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください