第一印象で「かわいい」と思ってもらえても、いきなり恋は生まれません。性格の良さや料理上手といった内面を見てもらうまでには、もうひとつ、ステップが必要です。

それが、会話です。話をしてみて初めて、「楽しい」「もっと知りたい」といった感情が生まれ、その感情が「好き」に繋がるのです。

では、どんな言葉や表情を使って会話をすればいいのでしょうか?今回は、男の子が思わず「かわいい…」と思ってしまう魔法のフレーズや表情のテクニックをご紹介たいと思います。

特別な言葉を使わなくてもOK!どんな言葉もかわいくなっちゃう魔法のフレーズ

かわいさをアピールするのに、特別な言葉はいりません。実は、少し言い方を変えたり付け足すだけで、普通の言葉でもぐっとかわいくなるんです。

「あのね」と言ってから話し始める

ちょっとしたひと言ですが、女の子が「あのね」と言って会話を始めるのはとてもかわいいものです。意識せずに使っている女の子もいますが、語尾に「ね」をつけるだけで、どんな言葉も柔らかく聞こえるから不思議なもの。特に、言葉がきつめになりがちな人は、何か言う前に「あのね」と言うだけでかわいい印象になります。簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

お願い事は「〜して欲しいな」で、すべて叶う!?

男の子(彼氏でなくても)にお願いごとや頼みごとをするときは「~して欲しいな」という言い方がおすすめです。「お願い」や「よろしく」もダメではないですが、少し仕事っぽくて淡泊な感じがしますよね。

甘えるように”欲しいな”という言葉でお願いすると、命令ではなくおねだりに聞こえるので、かわいく見えるのです。さらに、上目遣いのようなモテ仕草を加えれば、断れる男の子は少ないでしょう。

「ねぇねぇ」で甘えてみる

「ねぇねぇ」というだけで女の子っぽく、しかも甘えている感じまで出せる言葉。男の子は思わず、耳を傾けてしまいます。加えて、服のそでを引っ張りながら言うと、頼られてる感じしてお願いが通りやすくなるそうです。

「〜だもん」で子どもっぽさをプラス

言い訳をするときや、理由を聞かれたときは、「だって~だもん」を使ってみましょう。幼い子どもが言うイメージですが、女の子ならいくつになっても使えます。子どもっぽいけど、一生懸命に伝えようとしている感じがかわいいですよね。

ただし、ケンカをしているときに感情的に使ってしまうと、落ち着いて話し合う気がないと思われてしまうので注意です。

表情やポーズで、さらにかわいさアップ!

言葉と一緒に表情やポーズも感情を表現したものにすると(もちろん、表現するのはポジティブな感情です)、愛くるしさがさらにアップします。

やっぱり笑顔が一番!

同じ言葉でも、表情やしぐさで言葉の伝わり方は大きく変わってきます。たとえば、「好き」と言っている時の表情が暗ければ「ほんとは違うんじゃないか?」と思ってしまいますよね。

好きな男の子相手なら、基本は笑顔でいるのが一番です。マイナビニュースの『好きな女性の仕草ランキング』によると、「楽しそうな笑顔が好き」と答えた男の子は57.4%と圧倒的多数を占めていました。

ちょっとくらい失敗しちゃっても、悲しいことがあっても、笑っていられる。そんな女の子に、元気と癒しをもらっている男の子は多いものです。

怒ったふりはほっぺをふくらませて

やきもちをやくときや怒ったふりをするときは、ほっぺをふくらませるとかわいくみえます。ちなみに本当に怒ったときはそんなことしませんので、冗談ということも伝わります。「表情の豊かさ」はモテる女の子の必須スキル。どんなときも言葉プラス表情で、かわいさを表現するように意識してみましょう。

上目遣いやアヒル口も効果的

定番ですが、やっぱり効果的です。とくに背の小さい女の子は上目遣いが自然にできるので、強力な武器になるでしょう(150cmくらいしかないと、どうしても男の子を見上げる姿勢になっちゃいますよね)。ただし、アヒル口はやりすぎるとあざとく見えたり、変顔になってしまうので注意。鏡の前で練習してから男の子に使うのがおすすめです。

男の子がぐっとくる!かわいい言葉7選

最後はいよいよ、男の子の心をぐっとつかむかわいい言葉です。このひと言だけで一撃必殺の効果があるので、気になる男の子と二人きりのときにぜひ使ってみてくださいね。

一緒にいたいな

デートの帰り際の「もう少し一緒にいたいな」のひと言は、とてつもなく強力な武器です。男の子は断る理由がないので、時間が許す限り一緒にいてくれるでしょう。

たとえそのままバイバイになってしまっても、一緒にいられなかった残念感で、男の子の頭の中はあなたのことでいっぱいになるはず。帰っている途中に彼から「次いつ会える?」と連絡がきてもおかしくありません。

好きになっちゃいそう

告白せずに気持ちを伝える魔法のひと言です…っていうか、もうほとんど「好き」と言っちゃってますよね。

これを言われると、男の子は「俺でいいの?」と思わず訊き返してしまいそうになります。その気がなくても、自分を好きになってくれる人のことは自然と好意を持つのが人間というもの。好印象を与えるには最高のひと言です。

ドキドキしちゃう

一緒にいるときに「ドキドキしちゃう」…なんて言われたら!そんなの言われるこっちがドキドキします(完全に男目線で話してます)。デートの前日に「明日はめちゃ楽しみ!ドキドキする!」と、さりげなく嬉しい気持ちを伝えるのもおすすめです。男の子はいろんな想像が膨らんで、(無駄に?)はりきってしまいます。

〇〇くんだけだよ

男の子は、相手にとって特別な一人になりたいと思うもの。「〇〇くんだけだよ」なんて言われたら、ドキっとせずにはいられません。「頼られたい」「一番になりたい」という願望を満たしてあげることで、逆に自分のことを特別に感じてもらうように仕向けるというわけです。

だから男の子にお願いするときには、「〇〇くんにしか相談できない」といって話を始めると、OKが出やすくなります。

…ダメ?

男の子が断れなくなる秘密のフレーズが「ダメ?」の二文字です。~して欲しいんだけど、ダメ?とお願いすることで、「かわいいからOK!」となる可能性大。

女の子にダメというのは男としてどうなの?という気持ちから、よほど無理難題ではないかぎり「いいよ」と言うしかないのです。

ありがとう!

男の子は女の子に褒められたときが最もプライドを満たされる瞬間ですから、ちょっとしたことでも「ありがとう!」のひと言を忘れないでください。お礼を自然と言えれば「性格が良さそうだな」と思いますし、そのうえかわいい笑顔で言われたらドキっとします。

ちなみに、日本人はつい「すみません」と言ってしまいがち。これを「ありがとう」に変えてみるだけで、好感度を上げることができます。

大好き!

最強の武器は、ストレートに「大好き!」と言うこと。本当に好きという気持ちが素直に伝わる必殺のフレーズなので、彼と二人きりのときだけに使ってください。ちなみに、好きな食べ物を見つけたときにも自然とつぶやけると、男の子を(自分のことだと勘違いして)ドキッとさせることができます。

また、マンネリしがちなカップルにも「不意打ちの大好き」はおすすめ。付き合うと気持ちを伝えなくなるカップルは多いですから、突然、気持ちを伝えられると彼氏はきゅんとなるはず。惚れ直すこと、間違いなしです♡

魔法のフレーズをプラスして、もっとかわいく見せよう

女の子しか使えない、魔法のフレーズ=かわいい言葉はたくさんあります。文字で見るとちょっと恥ずかしい…と思ってしまうかもしれませんが、一度、言ってしまえば羞恥心なんてきれいさっぱりなくなってしまいます。男の子は、素直に気持ちを言葉にできる女の子に弱いもの。ぜひ使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください