デートの日に女の子の日(=生理)が重なってしまうことって、ありますよね。

大好きな彼に会いたいけど、でも、匂いやモレが気になるし…嫌われちゃったらイヤだし…と、悩んでしまうことも多いと思います。

でも、女の子の日だからってデートを諦めるのはもったいない!対策をしっかりすれば、思いっきりデートを楽しめます。特に気をつけたいのが、服装と匂い&モレ対策。突然なってしまったときにも慌てないように、しっかりお勉強しておきましょ♪

女の子の日にデート…どんなファッションがいい?

2日目や3日目など、(経血量が)多い日はファッションに困ってしまいますよね。ですが、いくつかポイントさえ守れば、女の子の日でもおしゃれを楽しめちゃうんです。

NGファッション

生理中のファッションは、以下の2つさえ気をつければ大丈夫です。

  • ボトムスに白い or 薄い色を着ない
  • 下半身を締め付けない

白スカート・白パンツ(ボトムスに白はNG)

白のボトムスは汚れが目立ってしまうので、ふだんのコーデでも難しいもの。加えて生理中の場合、万が一、経血がモレてしまったら…考えるだけでも恐ろしいですよね。

モレなくても、ナプキンを替えるときに経血がついてしまうことも考えられるので、生理中だけは白のボトムスを履くのは我慢するのが得策です。

タイトスカート、スキニーパンツ

タイトスカートやスキニーパンツなどのぴたっとしたシルエットのボトムスも、なるべく避けるのがベスト。少しモレただけでも洋服にシミ出てしまいますし、モレてしまったときにも目立ちやすいです。

ウエストを締め付ける洋服

生理中はどうしても、おなかが張ったり、痛くなったりしますよね。そんな状態の時に、さらにウエストを締め付けたりしたら苦しくてデートを楽しむどころではありません。

細く見せたい気持ちは(痛いほど)よくわかるのですが…ウエストを締め付けないゆったりとした着心地のものを選ぶようにしてくださいね。

OKファッション

では、どんな服装なら生理中のデートでも楽しく過ごせるのでしょうか?

濃い色のボトムス

黒やネイビー、ブラウン、ボルドーなどの濃い色のボトムスを選ぶと安心です。

無地が一番ですが、濃いチェックなど柄物のスカートなども、うっかり経血が染みてしまったときに目立ちにくくておすすめです。

お尻まわりが気にならないワイドパンツ

ナプキンをつけているからなのか、なんとなくお尻が気になりませんか?(かれんちゃんの場合、パンツを二枚重ねして履いてたりもするので、もっさりした感じも気になるそうです)

そんなときにおすすめなのが、ワイドパンツです。お尻まわりがゆったりとしていて楽ちんですし、ナプキンやサニタリーショーツのラインが出ないので後ろ姿もすっきりときれいに見えます。ちなみにスカートの場合は、ふんわりとしたフレアスカートがおすすめです。

漏れが気にならないミニスカート

プリーツスカートやAラインのスカートなど、ふわっと裾が広がるシルエットのミニスカートもおすすめ。低身長のちっちゃい女子なら、マキシスカートやワイドパンツよりも、バランスよく着こなせちゃいますしね♪

理由は、座るときにスカートの生地がお尻につかないから。洋服の生地が直接肌に触れない方が、うっかり漏れてしまったときに被害が少ないのです。

(ただし、生理中に冷えが気になる方は避けてくださいね)

女の子の日のデートで気をつけるべきことは?

女の子の日でもデートを楽しむことはできますが、事前に準備したり、ふだんより気をつけることがあります。といっても、やるべきことはたった3つだけです。

なるべくデート前に伝える

できればデートの前に、相手の男の子に生理中であることを伝えておきましょう。

デート中に来てしまった場合は仕方ないですが、事前にきちんと伝えておくことで気遣いをしてくれることも。

女の子から言うのは恥ずかしいかもしれないですが、「ちゃんと話してくれた!」ということ自体を嬉しいと感じる男の子が圧倒的多数なので、安心して伝えてくださいね。

無理のないデートプランを立てる

長い時間席を離れられない映画やドライブなどは、なるべく避けた方が無難です。公園や遊園地のデートなども、女の子の日だけはやめておいたほうがいいですね。相手にきちんと話して、一緒にデートプランを考えれば、二人の仲もぐっと深まるはずです。

おすすめは、どちらかの家でごろごろしたり一緒にお料理したりする、のんびりデート。自宅であればトイレやナプキンの心配をしなくていいので、気持ちも楽になります。もしどうしても外出する場合には、トイレがたくさんあるショッピングモールなどで過ごすと、楽しめます。

2〜3時間ごとにナプキンを取り替える

量の多くない日であっても、ナプキンは2~3時間ごとには取り替えましょう(夜用のをつけている=長時間取り替えなくてもいい、ということではないのです)。

長時間同じナプキンをつけたままだと衛生的にもよくないですし(膀胱炎の原因になっちゃったりするんです)、匂い予防にもなります。

女の子の日でも、お泊りデートはしてOK!お泊りデートで気をつけることは?

デートは大丈夫でも、さすがにお泊まりは…と心配になるかもしれません。ですが、お泊まり対策をしっかりしておけば問題なし!です。

必ず相手に話しておく

生理中にお泊まりデートをする場合、

  • 一緒におふろに入れない
  • エッチができない
  • シーツを汚してしまう可能性がある

…といったデメリットがあったり、トラブルが発生する可能性があります。

このことをきちんと彼に伝えた上で、それでも「OK!」と言ってくれた場合のみ、お泊まりデートをするようにしてくださいね。

いつもの1.5倍増しくらいで、ナプキン・タンポンを持っていく

ナプキンやタンポンなどの生理用品は、いつもよりも多めに持っていきましょう。

目安は、いつも使っている量の1.5倍。一泊のお泊まりであれば、昼用を10個、夜用を3個は持っていくのがベストです。「余ってしまうかな?」と思うくらいの量があった方がこまめに取り替えられますし、安心です。

眠っているときはこまめにナプキンやタンポンを替えることができないので、お尻までしっかりとカバーしてくれる夜用のものを使うのがおすすめです。

使用済みの生理用品は持ち帰る

彼の家に泊まった場合、使用済みの生理用品は必ず持ち帰りましょう。置いていってしまったら彼は処理に困ってしまいますし、何より「マナーや恥じらいのかけらもない女の子だ」と思われてしまいます。

使用済みの生理用品は臭いが気になるので、防臭タイプのサニタリー用ゴミ袋を使うのがおすすめ。サニタリー用のエチケット袋として市販されています(持ち帰り用としてだけでなく、ふだんも使えます!)。

日本技研工業 サニタリー ボックス とって付き ポリ袋(172円)

お風呂は彼の後に入って、掃除も忘れずに!

生理中のときは、相手よりも後にお風呂に入るようにしましょう。量が多いときにはバスタブには浸からず、シャワーだけで済ませると◎

また、お風呂から出るときには、経血がついていないか排水溝までしっかり確認してくださいね。もし汚れてしまっていたら(当たり前ですが)きちんと掃除をしておきましょう。

女の子の日でもデートを楽しもう

「女の子の日だから…」といって、デートをやめる必要はありません。服装やデート中にちょっぴり気をつければ、生理中でもデートを楽しむことはできます。

彼にも協力してもらったり、甘えたりして、女の子の日のデートを思いっきり満喫してくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください