最近、年上彼女・年下彼氏というカップルが増えているといいます。でも女の子からしたら「ほんとのところ、男の子的にどうなの?」って気になりますよね?

年下より年上がいい理由も、もちろんあるのですが、年下彼氏をゲットしたいなら断然、身長が低いちっちゃい女子が有利なんです。

というわけで今回は、身長154cm・童顔のかれんちゃんが実践済み!の年下彼氏にモテる方法をご紹介しちゃいたいと思います。

男の子が考える年上彼女と付き合うメリット

男の子は、年下の女の子にはない「よさ」を年上の女の子に対して感じているようです。いろんな意見がありますが、次の3つが多いようです。

自然体で付き合える

男の子は見栄をはりたい生き物なので、年下の彼女には甘えられなかったり、無理してかっこつけたりしがち。ですが、自分より人生経験豊富な年上彼女であれば、こうしたプレッシャーがありません。

なにかとストレスの多い日常を過ごしていると、甘えてくる年下彼女よりも、甘やかしてくれる年上彼女の方が、自然体でいられるのかもしれないですね。

お金の使い方もワガママも現実的

年上彼女であれば、デートのお会計は彼氏が払うもの!と決めつけていたり、頻繁にプレゼントをおねだりすることもありません(あくまでも一般的には、ですが)。

無茶なお金の使い方をさせたり、ワガママを言ったりすることがなく、「どのくらいまでなら許容範囲なのか」を考えてワガママを言ってくれるのが、男の子にとっては嬉しいのだとか。これなら、お財布にも、心にも負担が少ないですよね。

生活力がある

男の子は女の子に頼られたいと思っている一方で、自立してほしいとも思っているもの(なんともワガママw)。お金も心も余裕のある年上彼女なら、この条件にもピッタリ。

「仕事で疲れた心を癒してほしい」「わがままな彼女はこりごり」と思っている男の子は特に、年上に魅力を感じやすいでしょう。さらに、年上だけど甘え上手で、男の子を立ててあげられるようになれば、完璧です!

男の子が考える年上彼女と付き合うデメリット

マイナビウーマンが行った調査「「年下女性」VS「年上女性」、彼女にしたいのはどっち?」によると、年上女性を彼女にしたいと答えたのが40.4%。年下の男の子が好きな女の子からしたら、希望が持てるデータですよね。

ですが、残りの60%は否定的だという事実も見逃してはいけません。では年上彼女のどこにデメリットを感じてしまうのでしょうか?

包容力がありすぎて母親に思えてしまうことがある

料理も掃除も完璧な年上彼女。私生活がズボラな男の子には、とてもありがたいことです。しかし、いくら年下とはいえ何でもやってあげちゃうと「母親みたい」と思われてしまうかも。結婚後はもちろんOKですが、彼女でいるあいだはなるべく口を出さないようにしましょう。

ちなみにお世話好きは、彼をダメ男にしてしまう原因にもなってしまいます。「年上だからしっかりしなきゃ」と意識しすぎるのは禁物です。

ジェネレーションギャップを感じる

5歳くらいまでであれば問題ないのですが、一回りほど歳が離れていると、会話にジェネレーションギャップ(文化や価値観、認識が世代によって違うこと)を感じることがあります。

仕事の話はできたとしても、好きな歌手や流行ったドラマやお菓子など、共通の話題がどうしても少なくなってしまいます。2人で一緒にいるだけで幸せ♡というのは、最初だけ。だんだん会話に違和感を感じ、一緒にいることが辛くなってしまう可能性もあります。

結婚のことを考えると…

年上彼女がアラサー以上なら、気になるのは「結婚」です。男の子は年上のオンんなのこと付き合うとき、「(彼女からも周りからも)結婚のプレッシャーが強そうだな」と感じています。

だからといって、頻繁に結婚したいアピールをしてしまうのはNG!付き合うことになった時点で、結婚についての考えや意思を2人でしっかりと話し合っておくのがベストです。

低身長×年上女子は、年下男子に好かれるポイントがたくさん!

年下の男の子に好かれるのには、「年上」という要素に加えて「低身長」だと最強です。その理由は、3つあります。

大人なのに子どもっぽいというギャップがたまらない!

「しっかりしたお姉さん」というイメージが強い、年上彼女。しかし身長154cm以下の低身長な女の子であれば、頭では年上だとわかっていても、どうしても「かわいい」「子ども」っぽく見えてします。

つまり、年上=大人っぽいのに、身長が低い=子どもっぽいというギャップができるんです。ここに萌える男の子は、ほんとに多いんです。

見た目がかわいらしいので、「年上だから甘えづらい」というデメリットも、ほとんどなし。年上なのに年下男子にも自然に甘えることができちゃいます。

小さい=弱そうで守りたくなる

男の子は特に、自分より小さいものを守りたい、守るべきだと思っています。その感情が「かわいい」「一緒にいたい」といった恋愛感情につながることも珍しくありません。

また、小さな体で一生懸命がんばる姿は、誰しもが応援したくなるもの。身長が低いというだけで、「守ってあげたい」という父性本能を刺激することができるというわけです。

*父性本能については、「守ってあげたい…男心をくすぐる鍵は父性本能にあり!」で詳しく調べてみました!

無邪気な姿にドキドキ

年下の女の子が好きな男の子は、女の子の「かわいらしさ」「若さ」に惹かれています。ここは、年上彼女が不得意な分野ですよね。

でも…身長が低いちっちゃい女子なら?見た目が子どもっぽく見えるので、年上であっても若く見えます。さらに、子どものように遊びに夢中になったり、無邪気に笑う姿を見せれば、「かわいい〜♡」とキュンとなること間違いなし!です。

年上×低身長なら、年上彼女・年下彼女、両方の魅力をアピールできる(もちろんギャップ萌えも♡)

年下×低身長のちっちゃい女子は、年上彼女・年下彼女の両方の魅力を持っています。つまり、大好きな男の子が「年上好き」か「年下好き」かに関わらず、アピールできるということ。これって…すごくないですか?

彼が年上好きなら「包容力」「優しさ」を、年下好きなら低身長を武器にして「子どもっぽさ」と、使い分けてアピールしてみてくださいね♡

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください