好きになった男の子が何だかそっけない。「私に興味ないのかな…」と決めつけるのはまだ早い!もしかしたら、奥手男子なのかもしれません。

奥手男子に好きになってもらうためには、奥手男子ならではの攻略法があります。奥手男子の生態系(!)からアプローチ方法まで、奥手男子のトリセツ(取扱説明書)をつくってみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

奥手男子ってどんな男の子のこと?

奥手男子とは

奥手男子とは一言でいうと「恋愛に興味はあるのにどうしたらいいか分からない男の子」のことです。奥手という言葉はもともと「成長がおそい」という意味。つまり、恋愛経験が少ないとか、過去に失敗した経験があるせいで、恋愛に対して消極的、受け身になっている人のことを言います。

「奥手男子」と「草食系男子」の違い

奥手男子の説明を聞いて、草食系男子と何が違うの?と思った人もいるかもしれません。奥手男子と草食系男子は似て非なるもの、少しニュアンスが違います。

草食系男子

  • 見た目が弱くて優しそう。草を食べ続ける草食系動物のようにおとなしい。
  • 恋愛に興味はあるが、自分から女の子を口説くことはない。
  • 理系でインドアな人が多い。
  • 女の子とは仲良くできるが、女の子友達のような関係になってしまう。

奥手男子

  • 見た目は普通の男子、一見すると強面(こわもて)な体育会系もいる。
  • でも恋愛経験が少ない、または過去に恋愛で大失敗している。
  • 女の子と接するのが怖い。どうしたらいいか分からない。
  • 同性である男子と仲良くなるのは簡単。女の子とは会話するだけで一大イベント。

草食系男子は、まさに草食系動物のようにおとなしく、ガツガツしていないので、女の子に警戒されません。そのため、恋愛というより女の子友達みたいな関係になりやすいのが特徴です。

対して奥手男子は、女の子と付き合いたいのに、苦手意識が強すぎて一歩踏み出せません。見た目は男らしくてかっこいいのに、女の子と目が合うと体が固まる、といった悩みを持っている人が多いのです。

恋するのが怖い?奥手男子の特徴

奥手男子がたとえあなたのことを好きでも、自分から話しかけてくることはありません。つまり、こちらからアプローチする必要があるのです。

でも、いきなりアプローチすると、相手はびっくり!それ以降、目も合わせてくれなくなってしまうかもしれません。というわけでまずは、奥手男子の特徴をチェックしておきましょう。

異性と同性で話し方が変わる

奥手男子は、男同士で話すときはよく喋りますし、コミュニケーション力も問題ありません。しかし、女の子と話した途端、急に黙り込んでしまい、目も合わせられない状態に….。

といっても、奥手男子は女の子が嫌いなわけではなく(むしろ好き)、うまく会話ができないことで嫌われるのが怖いだけなのです。このように異性と同性で話し方が変わるが、一番わかりやすい特徴です。

恋愛経験が少ない(成功体験も少ない)

女の子と話すのが怖い奥手男子は、必然的に恋愛経験が少なくなります。また、過去に付き合った女の子にひどいフラれ方をしたことがあるなど、恋愛にトラウマを抱えていることも。こうしてどんどん、恋愛から遠ざかってしまうのです。

奥手男子と接するときは、女の子や恋愛に対してコンプレックスがあると思ったほうがいいでしょう。

マイペースで自分の世界を持っている

恋愛に対して受け身の奥手男子は、やがて女の子と仲良くすることをあきらめ始めます。そして、(どうせ付き合えないなら)女の子に合わせるより、自分の好きなようにしたほうが楽だと考えるようになるというわけですね。

奥手男子は受け身だから主導権が握れる、と思ったら大間違い。自分のペースを守ろうとするため、むしろ最初は、女の子が合わせてあげたほうがうまくいく場合が多いです。

プライドが高い

そもそも、なぜ奥手になってしまうのかというと、奥手男子はプライドが高すぎるのです。

「本当は女の子と仲良くしたい」「優しく接したい」という気持ちはあるものの、それ以上に、「好きの子の前で恥をかきたくない」という気持ちが強すぎるので、本音とは裏腹にそっけない態度を取ってしまいます。そんな矛盾した行動をしてしまうことに、自分でも悩んでいるのが奥手男子なのです。

自分からアプローチをしない&駆け引きしない

女の子にアプローチするには、勇気や自信が必要です。しかし奥手男子は恋愛に自信がないので、考えれば考えるほど「フラれたらどうしよう」「話しかけても冷たくされたら…」とマイナス思考に陥ってしまいます。

というわけで、女の子に自分からアプローチすることはありませんし、駆け引きをしようとも思わないのです。

奥手男子が好きな女の子のタイプ

女の子の前では素の自分を出せないため、女の子からみると奥手男子は何を考えているかわかりません。ですが、奥手男子にも好きな女の子のタイプ(言い換えると、相性がいいタイプ)があります。

ほどよく積極的

奥手男子は100%受け身なので、「(あわよくば)女の子から話しかけてくれないかな…」と思っています。だから、

  • 会話のきっかけを作ってくれる
  • でも、考えを押し付けない

という、ほどよい積極性のある女の子が好きです。

ということは、少しくらい強引でもOKだということ。最初こそ対応が冷たく感じますが、話しかけているうちに「この子は自分を分かってくれる」と感じ、少しずつ喋ってくれるようになるはずです。

同じテンションで過ごせる

奥手男子が苦手なのはテンションが高すぎたり、考えを押し付けてくる女の子です。彼が喋るときは喋る、黙ってる時は無理に話しかけないといった感じで、ペースを合わせることが好かれるためのポイントです。

それをせずに、一足とびにデートに誘ってしまうと断られてしまいます。といっても、あなたが嫌いなわけではありません。

「まだそこまで仲良くなっていなのに」「会話が途切れたらどうしよう」など不安でいっぱいなのです。彼のテンションに合わせて、同じペースで接してあげましょう。

一人にしてくれる(四六時中一緒にいるのは嫌がる)

マイペースでいたい奥手男子にとって、一人の時間はとても大切です。(大好きであっても)女の子がいつも隣にいるとか、ベタベタしすぎるのは疲れてしまうのです。

逆に、「一人の時間が好き」なことを理解してくれる女の子には、心を許します。「居心地がいいな」と感じる距離感がつかめてくると、ぐんと仲良くなれます。

奥手男子の脈ありサインって?

奥手男子は、話しかけてもリアクションは薄いし、脈ありサインもかなりわかりにくいです。そこで、奥手男子が脈ありのときだけチラッと見せるサインを紹介しておきたいと思います。

好きな女の子にだけ優しい、特別扱いをする

わかりやすいのは、一人の女の子にだけ特別な態度を取るケース。たとえば、ほかの女の子の前では声が小さく話下手なのに、好きな子の前では饒舌になったり、会話を盛り上げたりしようとがんばります。

ただし一見すると、普通の会話をしているだけに見えます。ポイントは、他の女の子と接するときに比べて特別扱いしているかどうかです。

好きな女の子が好きなものを、自分も好きになる

誰かと仲良くなるには、共通の話題が必要ですよね。そこでまずは、好きな女の子が好きなものを自分も好きになって、共通点を(ある意味では無理やり)つくろうとします。

あなたが好きな映画やアニメなどについて、彼のほうから「初めて見たけど、あれ面白いね」と共通の話題を振ってきたら、脈ありです。

好きな女の子の都合に合わせる

奥手男子は、好きな女の子に話しかけられないことが悩みです。「何かきっかけがほしい」と、常に思っています。

そこで何をするかというと、女の子が帰るタイミングで仕事を切り上げる、同じ仕事やプロジェクトに立候補するなど、偶然を起こすために涙ぐましい努力をすることも。

奥手ではないふつう男子から見ても、そこまで行動力があるなら直接話しかけたらいいのに…、と歯がゆくなってしまいます。

好き避けをする

「私、なんか避けられてる?」と思ったら、それは好かれているサインかもしれません。奥手男子にとっては、好きだからこそ話せない、近づくことすらできないことも珍しくないのです。いわゆる好きだから避ける=好き避けというやつですね。

本当に嫌われている可能性もゼロではないですが、さすがにそれは、様子を見ていれば何となくわかると思います。脈ありと感じたら、思い切って話しかけてあげてくださいね。きっと喜ぶと思います。

奥手男子にはやっちゃダメ!なアプローチ方法

奥手男子にアクションを期待するのは、時間の無駄。できればアプローチは、女の子からしたほうがいいです。ですが、奥手男子はいろいろと繊細なので、やらないほうがいい方法もあります。

ボディタッチや、露出の多い服など派手なアプローチ

男の子をドキドキさせたいならボディタッチが一番!と言いたいところですが、奥手男子には少し強烈すぎます。決して嫌なわけではありませんが、「男慣れしているなあ」と感じると、引いてしまいます。

同じ意味で、露出多めの服を着たり、グイグイ話しかけすぎるのもNG。奥手男子には、ほどよい距離感を保つことが大事なのです。

知り合ってから時間が経ってないうちに恋愛話をする

恋愛話は、男女問わず盛り上がる話題の定番です。しかし、奥手男子と知り合って間もない場合は避けましょう。なぜなら、奥手男子にとって恋愛話はかなり踏み込んだ内容にあたるため、「馴れ馴れしいな」と思われる可能性”大”なのです。

また、恋愛に失敗してきた男の子の場合は、心のキズに塩を塗るようなもの。恋愛話は、相手がそれなりに心を開いてくれてからにしましょう。

女の子から告白するなど、一足とびのアプローチ

女の子から奥手男子に話しかけるのはOK、アプローチするのもOKですが、告白だけは男の子にしてもらいましょう。

奥手男子は順序を大切にする傾向が強く、彼なりのタイミングがあるのです。それが早すぎてしまうと、「断る勇気がなくて付き合ってしまった」「付き合う自信がなくて断ってしまった」という微妙な状態になってしまうこともあります。

そこで有効なのが、男の子から告白しやすいシチュエーションを演出してあげることです。

  • 仕事の悩みを相談する
  • 「最近さみしい」と伝える
  • 二人でお酒を飲みに行って甘える
  • 「○○くんといると安心する」と言ってみる

…といった感じで、自然な流れで二人きりになるように仕向けます。

奥手男子が自信を持って女の子と付き合うには、告白の成功体験が必要なのですから。彼が一歩踏み出せるように、優しく背中を押してあげてくださいね。

奥手男子を落とすには?シャイな彼にドン引きされない正しいアプローチ方法

シャイだけど誠実でカッコいい…!そんな奥手男子を落とす方法はあるのでしょうか。押しが強すぎるとドン引きされてしまうし、待っていても告白はしてくれません。

というわけで最後に、奥手男子を上手に落とすための、正しいアプローチ方法を見ていきましょう。

笑顔で話しかける

「女の子に嫌われたくない」という不安が、人の何倍も強いのが奥手男子です。だから、一番効果的なのは、笑顔で話しかけてあげることです。嫌っていないということを、全力で示してあげるのです。

ただ、ノリが軽そうと思われてはいけないので、まずは挨拶するだけでOK。「とにかく明るくていい子(優しい子)だな」という印象を与えられれば、ファーストステップは大成功です。

肯定する、褒める

奥手男子は傷ついたらアウトです。もう何も話してくれません。なので、会話はすべて肯定する、褒めることを心がけましょう。

少し大げさでも良いので、「すごいね!」「さすがだね」とリズムよく褒めてあげてください。お世辞でも、女の子に褒められて嬉しくない男はいないです。

では、もしも「女の子と話すのが苦手で…」とネガティブなことを言ってきたら?

もちろん褒めます。「聞き上手なんだね。優しいね」とネガティブな部分こそ褒めてあげましょう。そうすることで、彼の中であなたの好感度がどんどん上がっていきます。

居心地がいいと思ってもらう

彼の趣味、価値観、会話のペースを合わせてあげて、ニコニコと楽しそうに振舞っていればOK!「無理に話さなくていいんだ」「優しい子だな」と感じてもらえれば、自然と話してくれるようになります。

好きな男の子にだけ特別な自分を見せる

奥手男子には、間接的なアプローチが効果的です。たとえば、「人に話すのは初めてなんだけど」と言って、仕事や人間関係の相談をしてみましょう。すると、アピールをしなくても「特別なんだよ」と伝えることができます。

焦ったら負け!ほどよいアプローチが鍵

奥手男子は。草食系男子と違います。女の子と付き合いたいけれど、自信を持てないもったいない男子なのです(なぜなら、自信がある男のほうがモテやすいから)。なので、「シャイな奥手男子なんだな」と思ったときは、ぜひ女の子から積極的に話しかけてみてください。

ただし、あくまで相手のペースに合わせてあげること。そうすれば、だんだんと彼のほうから心を開いてくれるようになります。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください