カップルにとって、キスは大切なコミュニケーションの一つ。ですが、いつも同じ…という人が多いのではないでしょうか?

シチュエーションやカップルの親密度によって、ぴったりなキスは違うもの。そこでこの記事では、キスの種類やキスに隠された意味をご紹介してみたいと思います。

いろんなキスを知っておくと愛情表現の幅が広がって、もっとキスを楽しめるようになるはずです♡

唇同士を触れないのが逆にキュンとする♡かわいいキス

唇同士でするものだけが、キスではありません。だからこそ、「なんでそこにキスするんだろう…」と気になって、ドキドキしてしまったりするものですよね。

フィンガーキス

自分の手にキスをしてから、相手の唇にキスをすること。または、相手の指にキスすることをフィンガーキスを言います。

あえて指にキスすることで変化を楽しめるだけでなく、唇のキスを焦らす効果もあるので、相手をドキドキさせることができます。

おでこへのキス

おでこへのキスは、親しみをこめた愛情表現と言われています。男の子からする場合は下心ではなく、純粋に女の子のことを「かわいいな」と思ったときにすることが多いです。

母親や父親が、子どものおでこにキスをするシーンもよく見ますよね。好きという愛情表現というよりは、「守ってあげたい」という母性や父性に近いのが、おでこへのキスなのです。

ほっぺへのキス

ほっぺへのキスは、おでこへのキスとほぼ同じ意味です。海外では、男女の友達でも挨拶代わりにするくらい、フレンドリーな意味合いで使われます。

ただし、挨拶のキスをする文化がない日本では、友達にキスをするのは軽い男なだけかもしれないので、要注意です。

耳へのキス

耳へのキスは、性的な意味が含まれていることが多いです。唇が耳元まで近づくのは、カップルでないとなかなか難しい距離感です。

また、耳元で愛をささやくのは、ラブラブなムードがかなり高まっているとき、ですよね。男の子が耳にキスをしてきたときは、積極的に誘っていると考えていいでしょう。

エスキモーキス

エスキモーキスとは、鼻同士をこすりつけるキスです。エスキモーはアラスカなどの寒い地域に住む先住民のことですが、彼らは唇同士のキスをすると唾液が凍ってしまうため、鼻同士でキスをするようになったそうです。

つまり、唇のキスと同じくらい、深い愛情や親愛の意味が込められているということ。鼻をこすりつける仕草はとてもかわいらしいので、唇キスの前にエスキモーキスを挟むと、ぐっとロマンチックな雰囲気になりそうです。

付き合い始めのカップルにぴったりのキス

付き合って3ヶ月目くらいまでは、お互いのことをあまりよく知りません。いきなりディープキスをして、相手の反応がいまいちだったら…と思うと、ちょっと怖いですよね。

まずはライトなキスから試してみて、徐々にディープなキスをしてみると、ドン引きされずにすみます。

バードキス

バードキスとは、鳥のように口を軽く突き出し、「チュッ、チュッ」と何度も行うキスの方法です。親鳥が小鳥にエサをあげるよう仕草から、この名前がついたんですね。

キスをしながら、なにかをせがんでいるようにも見えるので、久しぶりに彼氏と会えたときなど、嬉しい気持ちを表現するときにぴったり。低身長のちっちゃい女子が背の高い彼氏に背伸びするようにバードキスする姿は、とてもかわいらしく見えます。

シングルリップキス

シングルリップキスとは、相手の唇の上下どちらかを吸い上げるようにするキスのことです。唇と唇をずらして、上唇が相手の下唇に触れるように(またはその逆に)重ねます。

海外では、愛情を確かめ合うときによく使われるのがシングルリップキスです。ディープキスほど強くないので、長くゆっくりとキスを楽しみたいときにもおすすめです。

プレッシャーキス

プレッシャーキスとは、普通のキスのことです(名前がつくとオシャレに聞こえますね)。唇を閉じた状態で、ゆっくりと唇同士を重ねます。

最初はソフトなキスから始めるほうが無難ですが、キスの強さの好みは人それぞれ。気持ちの盛りあがりに合わせて強さを変えながら、お互いに心地いい感覚を探ってみましょう。

スライドキス

唇を少し開き、お互いに唇を上下に移動(スライド)させるキスのことです。お互いが唇の表面を滑らせるように動くことで、どれだけ気持ちが高ぶっているかを確かめることができます。

スライドキスも、海外ドラマのキスシーンではよく見かけますよね。プレッシャーキス→スライドキスといった感じで組み合わせると、長い時間キスを楽しむことができます。

愛情を深める濃ゆ〜いディープキス

2人の気持ちが高まってきたら、自然とディープキスをする雰囲気になってくるはずです。ですが、実はディープキスにもいろいろなパターンがあります。キスのマンネリ防止のためにも、いくつかの方法を覚えておきましょう。

スゥイングキス

スウィングキスは、相手の下唇を軽く噛んで、左右に振るようにキスをする方法です。上下に動かすスライドキスを左右に行うイメージですね。さらに、唇を甘噛みすることで深い愛情を示すことができます。

軽めのキスからディープキスをする間の前フリとして使うと、効果アップ!スウィングキスをするときは、うっすら目を開けて、相手の目を見ながらキスするとセクシーな雰囲気になります。

チョコキス、キャンディキス

「もっと変化がほしい」というカップルにおすすめなのが、チョコキスやキャンディキス。口の中にチョコやキャンディなどの甘い物を含み、キスをする方法です。

この方法が面白いのは、お菓子の甘さを相手の唇の味と錯覚するところ。甘いキスだと感じるわけです。片方のキャンディを口移ししたり、お互いの唇で食べ物を挟んだりして楽しむのもOK。ゲーム感覚でキスを楽しめます。

カクテルキス

まず、お互いに口をオープンにしたまま重ねます。そして唇を噛んだり、吸ってみたり、絡ませてみたりと、本能の赴(おもむ)くままにキスを楽しむのがカクテルキスです。

カクテルキスは特に決まりがないので、気持ちの高ぶりに任せて愛情を表現してみましょう。ただし、あんまり強く噛んだりすると、相手を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

クロスキス

クロスキスは、一般的なディープキスのことを指します。お互いに首を傾け、唇を密着させる、最も情熱的なキスです。

スウィングキスやカクテルキスをして気持ちを盛り上げたあと、クロスキスで深く愛情を確かめ合うのが、自然な流れです。

気分にぴったりなキスを楽しもう

付き合って長いカップルほど、キスもマンネリになってしまいがち。だんだんと、軽いキスさえしなくなってしまうカップルも少なくありません。

しかし、工夫次第でキスの組み合わせは無限大。義務にしてしまったり、あっさり終わらせるのではなく、濃厚であま~いキスを楽しんでみてくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください