「結婚前提に付き合いたい。」好きな男の子から、こんな風に言われたらどう思いますか?「嬉しい」という人もいれば、「ちょっと重い」と感じる人もいるんじゃないでしょうか。

結婚前提に付き合うのと、ふつうに付き合うことの違いは、「結婚」という将来のステップを意識しているところです。

つまり、告白してきた彼は、その場のノリではなく、結婚するつもりでじっくり付き合いたいということ。ですが、本当に結婚をするかどうかは付き合ってから決断するため、別れてしまう可能性もゼロではありません。

結婚前提で付き合っている彼と結婚をするためには、やっておくべきことと、逆にやってはいけないことがあるのです。

結婚前提に付き合おうという男性の心理

男性の生涯未婚率は、23.4%(引用:読売新聞「「生涯未婚率」男性が圧倒的に高いワケ」)。4人に1人の男の子が一生、結婚しないというデーターがあります。

そんな中で、結婚前提に付き合おうとする男の子はどんな心理なのでしょうか?

本気であることをアピールしたい

これはもう、そのままですね。とりあえず付き合ってみたいという軽い気持ちではなく、「結婚」という単語を出すことで、本気で好きなことをアピールしているのです。

ただし、女の子を取っ替え引っ替えしているようなチャラい男の子が、下心を満たすために(つまりエッチしたいがために)、すべての女の子に言っている可能性もあるので要注意!です。

結婚適齢期だから

告白してきた男の子が30代以上であれば、結婚適齢期であることが理由かもしれません。 恋多き男の子でも、30代になれば「そろそろ落ち着きたい」と考えるもの。筆者も30歳を超えてから、突然、同年代の友人の結婚式に、たくさん呼ばれるようになりました。

結婚願望が強く、早く結婚したい

もともと、早く結婚したいと考えている男の子も、実はそれなりにいます。20代の男の子が結婚前提に告白をしてきた場合は、とても結婚願望が強いといえます。

結婚願望が強いのは悪いことではないですが、見た目が平均以上で条件がよければ誰でもいい、と考えている男の子も少なからず存在します。本当に「あなたと」結婚したいのかどうかは、きちんと見極めてから結婚してくださいね。

結婚して安定したい

家庭を持つこと=安定だと考えている男の子はたくさんいます。自分のためというよりは、「社会に出たら結婚をするのが当たり前」「結婚をして子どもの顔を両親に見せたい」という考えから早く結婚したいと考えています。

安定を求める男の子は自己主張が少なく、女の子としてはちょっぴり物足りないこともありますが、優しくて、いい旦那さんになってくれる可能性が高いです。

彼女以外との結婚を考えられない

男性が心の底から女性に惚れて、「もう彼女以外との結婚は考えられない」と感じることもあります。だからこそ、「結婚を前提に」という言葉が自然と出てくるのです。彼にとっては、ほとんどプロポーズのつもりです。

結婚前提から結婚するには?付き合うときにやるべきことと、注意すること

とはいえ、人の気持ちは変わりやすいもの。一緒に過ごすうちに嫌な面が見えてしまい、気持ちが離れてしまうこともあります。

では、結婚前提で終わらせず、結婚するにはどうしたらいいのでしょうか?

彼の両親と仲良くする、自分の両親に彼を紹介する

結婚前提で付き合った場合、男の子の側は彼女を早めに両親と会わせたいと思っています。なので、彼に「両親にも紹介したい」と言われたら、OKと答えてあげてくださいね。ここでNoと言ってしまうと、彼の「結婚したい!」という気持ちが急速に冷めてしまいます。

また、自分の両親に彼を紹介するのも忘れずに。彼の両親に紹介してもらったのに、いつまで経っても紹介しないとなると「やっぱり結婚したくないのかな」と不安を感じさせてしまいます。

お金のこと、子供のこと、家事の分担など、結婚後の将来について話し合う

デートを「何となく楽しむ」で終わらせず、将来についても話し合う時間を定期的にとるようにすると、結婚という目標に向かって一緒に進むことができます。

ただし、「いつ結婚する?」と迫ってはいけません。「周りが結婚しているから早く結婚したいだけなのかな」と考えてしまうためです。

どうしても時期を聞いてみたいなら、「テレビで子育て特集やってたけど、○○くんはどうしたらいい子に育つと思う?」のように、さりげなく将来を意識してもらうのがポイントです。

この子しかいないと思ってもらう

男の子が結婚しようと思うタイミングはたった一つ。「この子しかいない」と感じたときです。結婚前提で付き合い始めた場合は、「結婚しても仲良くしていけるかどうか」を見られているということです。

結婚相手にふさわしいと思ってもらうには、料理を作ったり、仕事の悩みを聞いてあげるなど、彼を支えてあげることが大切です。あまり尽くしすぎると「重い」「めんどくさそう」と思われてしまうので、ほどほどがベストです。

男友達と遊ばない

結婚前提で付き合っているのに、彼女が男友達と遊んでばかり…。これではさすがに、不安になってしまいます。お互いに異性と遊ぶのは、極力避けるのが無難です。

とはいえ、結婚するからといって、異性との交友関係をすべてなくすのは無理というもの。男友達と遊ぶときは必ず報告するなど、安心させてあげてくださいね。

だらだらと長く付き合わない、同棲や結婚までの期間を決めておく

人は、先延ばししてしまう生き物です。大事な仕事も、締め切りギリギリになることはよくありますよね。それは、結婚も同じです。

なので、「いつまでに同棲をするのか?」「結婚はいつにするか?」といった期間を、ざっくりでいいので決めておきましょう。だらだらと長く付き合ってしまうと、「一緒にいるんだから無理に結婚しなくてもいいか」と考えるようになり、結婚のタイミングを逃してしまいます。

結婚できるかどうかは、付き合ってからが本番

「結婚前提で付き合ってください」と言われたら、ほとんどの女の子は嬉しいと感じると思います。でも、本当に結婚できるかは付き合ってみないとわかりません。

なので、「結婚前提」という言葉を信じすぎて、かわいくいる努力を怠ったり、彼を不安にさせる行為をするのはNGです。

相手の嫌なところが見えれば、人の気持ちなんて簡単に変わってしまうものです。「やっぱりこの子しかない」と思ってもらえるように、努力は続けてくださいね。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください