受験生は、恋愛とどう向き合えばいいのでしょうか?

今後の進路や将来を決める、大事な受験。

がんばらなきゃいけないのはわかってるけど、恋愛も楽しみたいし、彼の応援もしたい…。でも、応援することで、彼の勉強時間を奪うことになっちゃったら?

頭の中でぐるぐる考え続けていて、結局、勉強もできず、彼と一緒にいる時間も楽しめない。

もし今、そんな状態になっちゃっていたとしても、大丈夫。勉強に集中できて、彼とも楽しく過ごして、2人で一緒に受験に成功する方法があるんです。

ちなみに、ぜんぶやる必要はありません。できそうなことだけやってみてくださいね。きっと彼も、喜んでくれると思います。

彼と一緒に受験を楽しく乗り越えるためのコツ6個

受験中だからって、アイドルみたいに「恋愛禁止」なんて絶対にイヤ!ですよね。というわけで、勉強をちゃんとしながら(あくまでも「勉強」がメインです)、恋愛を楽しむ方法を考えてみました。

彼の得意な科目でわからない問題を教えてもらう

彼が得意な科目は、教えてもらっちゃいましょう。「質問したら、迷惑じゃない?」と思うかもしれませんが、大丈夫。質問することで、

  • 教えることで、自分も学べる
  • 彼女に頼ってもらえて嬉しい

…と、勉強にも、恋愛にもプラスの効果があるんです。

出典:pinterest

とはいえ、「かまってほしい」という気持ちで、甘えて質問するのは大迷惑!ちゃんと自分で考えて、どうしてもわからないときだけにしてくださいね。

勉強デートをする

デートそのものを勉強にしてしまうのもアリ。図書館やコワーキングスペースなど静かな場所なら、「おしゃべりしすぎちゃった!」なんてこともなく、勉強に集中できます。

勉強デートでのおすすめの場所や方法はこちら→「ドキドキ♡彼氏との勉強デートを楽しむコツ」を見てみてくださいね。

朝早く一緒に登校して、誰もいない教室で勉強する

出典:pinterest

早朝の教室は、最高のシチュエーション。静かな教室なら勉強が捗る(はかどる)ことはもちろん、ときどき見つめ合ったり、小声でささやきあったりと、ドキドキ感も味わえます。

デート、LINE、電話の頻度やタイミングを決めておく

受験生同士の恋愛はルールをつくっておくと、勉強も恋愛も上手くいきやすいです。

デートに時間を使いすぎて受験に失敗ちゃった…!なんて、笑えないですからね(彼がかまってくれないのが寂しくて破局、というパターンもイヤですが…。)

  • デートは週1回、学校帰りの3時間だけ
  • テストや模試の1週間前からは会わない
  • メールやLINEは1日3通まで

など、具体的に決めておくのがコツです。こうしておけば、勉強や試験で忙しくて連絡が減ってしまっても、ケンカや自然消滅をしてしまうことはありません。

相手の成績が上がったり、合格したら、一緒に喜ぶ

自分の成績はなかなか伸びないのに、彼はどんどん模試の順位を上げている。そんなとき、あなたならどうしますか?

出典:pinterest

「わたしなんてどうせ…」と拗ねたり、皮肉を言ってみたりしたくなる気持ちもわかりますが、一緒に喜んであげるのが正解。自分以外の他人の成功も素直に喜べることが、彼の中であなたの評価アップにつながります。

全国模試で○点超えたら…ディズニーにいくなど、2人のご褒美を用意しておく

「会えなくて寂しい」「勉強に集中できない」…そんなときは、2人で共通の目標プラスご褒美をつくりましょう。

引用:Twitter

たとえば、「次の模試で100点アップしたら、ディズニーいこ!」と約束しておけば、勉強をがんばれるはず。目標を達成したらデートも楽しめるので、一石二鳥です♪

受験中の恋愛でやらない方がいいこと5個

出典:pinterest

一方で、受験中のカップルがやらない方がいいこともあります。彼の足を引っ張ってしまったり、恋も受験も失敗なんてことにもなりかねませんので、注意してみてくださいね。

お互いの成績を見せ合う

彼と励まし合うのはOKですが、成績を見せあうのは基本的にNGです。

成績に圧倒的な差がある場合は、どちらかが傷ついたり、劣等感を感じてしまいます。また、同じくらいの成績だった場合には、お互いをライバル視してしまいます。どちらにしても、いいことがないですよね?

話したい時に話す、会いたい時に会う

勉強よりも、彼とLINEしているほうが楽しいに決まってますよね。だからこそ、ルールが必要なんです。夜中じゅうずっと電話をしたり、週末ずっと遊んだりしないように、ね。

出典:pinterest

話せなかったり、会えなかったりするのは寂しいですけど、「1日1回まで」などのルールを決めておくのは、2人で一緒に合格を勝ち取るためには必要なことなんです。

「かまって」「さみしい」というメッセージを発信する

勉強がつらい+彼にも会えないという状況が続けば、「かまって」「さみしい」と言ってしまいたくなる気持ちはわかります。

引用:Twitter

でも、ここはぐっとこらえましょう。

受験という大事な時期なのに恋愛を優先したがるなんて…と、呆れられてしまう可能性大!もしどうしてもさみしさを伝えたいなら、「会いたかったー!」とポジティブに伝える方が、彼も喜ぶはずです。

志望大学の難易度を下げる

恋愛を優先して、志望大学の難易度を下げるなんて、本末転倒。理由が(学費を出してくれる)親にバレてしまえば、恋愛どころではなくなります。

また、志望校に行けなかったことを、あとあと彼のせいにして後悔する、なんてことも。彼との恋愛を楽しむのはいいですが、いっときの感情で将来や未来のことをないがしろにするのは、もったいないです。

彼と一緒にいたいからというだけで、志望大学を同じにする

「今」は彼とずっと一緒にいたいと思っているかもしれませんが、将来もそう思っているかどうかは、わかりませんよね?大学にいけば、新たな出会いが待っています。2人とも別に好きな人ができてしまう可能性だってあります。

というわけで、彼と志望校を同じにするのはおすすめしません(偶然同じならOKです)。「彼と一緒にいたいから」という理由だけで、志望校を決めないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください