夏といえば…アイス!ですよね♡

冬にこたつで食べるアイスもおいしいですが、「うわぁ、(ソフトクリームが)落ちちゃいそう!」「(かき氷が)キーンってする!」と言いながら食べるアイスは、最高です。

ちなみに男の子は、女の子の食べる姿が大好き。アイスを食べてる幸せそうな表情を見ると、ドキッとするんだそうです。

そんな話を聞いて思いついたのが、アイスを”モテ”のツールとして使うこと。身長154cm以下の低身長女子が、

  • サイズが小さくて、
  • パッケージがかわいい

アイスを持って食べていたら、さらにかわいく見えるんじゃないかな?と思ったんです。

karenちゃん流の超短絡的思考で思いついたアイデアなので、効果のほどは「?」ですが、味は保証付き!しかも低カロリーのアイスを選んでみたので、チャンスがあれば、彼や好きな男の子と一緒に食べてみてくださいね。

No.1  BEN & JERRY’S コットンキャンディー

発売元:BEN & JERRY’S
  • 価格:300円
  • 内容量:120ml
  • カロリー:260kcal

パッケージはもちろん、中身のアイスクリームまでかわいいのが、BEN & JERRY’S(ベンアンドジェリーズ)の素敵なところ。

特に「コットンキャンディー」は、白×パステルカラーのコーデみたいで、めちゃくちゃかわいい!

水色とピンクのつぶつぶの食感や、わたがしのようなふわふわした甘さも最高です♪

No.2 pino(ピノ)

発売元:森永乳業
  • 価格:140円
  • 内容量:60ml(10ml×6粒)
  • カロリー:31kcal(1粒あたり)

これはもう、説明はいらないかと思いますが…低身長女子ならではの「かわいらしさ」を最大限にアピールするなら、2口以上で食べるのがおすすめ。

一口サイズのアイスを2口で食べる=口が小さくて入らない=子どもっぽくてかわいい!という方程式(!)です。

口の周りにちょっとだけチョコレートがついちゃうのも、あどけなくってかわいいですよね(女の子の友達からは「あざとい!」と言われそうですが)。

No.3 sof(ソフ)

発売元:赤城乳業
  • 価格:130円
  • 内容量:150ml
  • カロリー:188kcal

パッケージに書いてある「ソフトクリームの上だけ♪」という言葉、そのまんまのアイスクリーム。クーラーの効いた部屋で5分くらい放置してから食べると、ふんわり&とろとろの食感に♪

手のひらサイズのおやつにちょうどいい量で、コーンから落とす心配もない(笑)のがポイントです。

カップ系のアイスは、好きな男の子と半分こして食べると、物理的にも心理的にも距離がぐっと近くなります(ちっちゃいアイスを半分こするので、近づかなきゃ無理というわけです)。

No.4 アイスの実

発売元:グリコ
  • 価格:140円
  • 内容量:12個
  • カロリー:111kcal

アイスの実のパッケージは「ワイドOPEN」と「プチOPEN」があるのですが、低身長女子ならプチOPENがおすすめ。

一粒だけ口に入れて、アメを舐めるときのように口の中でころころと転がします。ほっぺが膨らんだ姿が「リスみたい!」と、男の子からは大好評♪簡単に小動物系女子(?)になれちゃいます。

*ちなみに、ちゃんとした「小動物系女子」を目指すなら、↓こちらの記事↓を読んでみていただけると嬉しいです。

小動物系女子のメイク・ファッション・仕草を真似してモテ女子になろう!

No.5 milkyタルト 凍っちゃいました!

発売元:不二家
  • 価格:160円
  • 内容量:1個
  • カロリー:235kcal

冷凍庫から出してすぐの状態だと、カチコチ+ミルキーの味がよくわからないので、冷房の効いた部屋で5分ほど解凍するのがおすすめ。

しかし…!好きな男の子の前で食べるなら、ちょっとしたテクニックが必要になります。

  1. 冷凍庫から取り出してすぐ、かじってみる。
  2. 「かたくて食べられない…(´;ω;`)」と泣きまねをする。
  3. 柔なくなったら、「これなら食べられる♪おいし〜♡」と言いながら食べる。

…え?ちょっと、あざとすぎるって?まあ…そうですね、認めます。

でも、時にはこれくらい演技したってバチは当たらないはず。嘘はついてないですしね。

きっと男の子は、大きなタルトをちょっとずつかじりながら食べる姿から、目が離せなくなるはずです♪

モテも狙える!?低身長女子がアイスを選ぶときのポイント

身長154cm以下の小柄な低身長女子が、がっつり大容量のアイスを食べるのはあまりおすすめしません(あえてギャップを狙うという作戦もありますが、それはまた別の機会に考えてみたいと思います)。

低身長女子が彼や好きな男の子と一緒にアイスを食べるときのポイントは、3つ。

  1. 手のひらにのるサイズのアイスを選ぶ
  2. 見た目のかわいらしさが重要!(手に持ってるだけで、かわいい)
  3. 食べるときのしぐさは、小動物っぽく(特にリスをイメージする)

ちなみにkarenちゃん自身が試してみたところ、効果は上々♪もしよかったら、試してみてくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください