夏といえば、山。山といえば、キャンプ!…ですよね。

キャンプをめいっぱい楽しむには、何よりも洋服選びが重要!いつもと同じ服装だと、浮いてしまったり、汚れや怪我が気になって楽しめない…なんてことも。

というわけで今回は、キャンプでの服装の選び方の基本と低身長女子におすすめのコーデを調べてみました。

キャンプの服装、NGコーデとOKコーデ

キャンプを思う存分楽しむために、まずはNGコーデとOKコーデを見てみたいと思います。

■NGコーデ

おしゃれすぎる

引用:ZOZOTOWN

山や高原、キャンプ場は、(当たり前ですが)屋外の自然の中にあります。土の上にそのまま座ることもありますし、テーブルや椅子があっても、とてもきれいなものとはいえません。また、木の枝や草も、至るところにあります。

となると、ひらひらのワンピースや薄い色の服はNGだということがわかりますよね。汚れたり、破けたりしやすい服は避けた方が無難です。

ヒールの高い靴

引用:ZOZOTOWN

これも当たり前のことですが…キャンプ場までの道やキャンプ場は、舗装されていないところがほとんどです。基本は土の上を歩き、急な坂道や石を登ることもあります。

そんな中、ハイヒールなんかでいったら…どうなるか想像がつきますよね?足元がふらふらになり、ころんでしまったりケガをしてしまうことも。また、足を痛めたり靴擦れが起こる可能性もあります(街を歩くだけでもハイヒールって疲れるので、山道ならなおさらです)。

周りの人にも迷惑をかけてしまうので、ハイヒールは絶対に避けましょう。

■OKコーデ

ボトムスは汚れが目立たない色&ひざより上の丈

引用:ZOZOTOWN

暗めのカラーのボトムスやデニムであれば、土や草などの汚れは気になりません。「洗えばいいや!」ってなるので、料理も遊びも気にせず楽しめます。

丈の長さは、ひざより短めがおすすめです。それより長いと、土で汚れたり、木の枝などに引っかかってしまうことも。ひざ下がすっきりしていると、走ったり動きやすいというメリットもあります。

脱いだり着たりできる羽織りものを用意しておく

引用:ZOZOTOWN

山や高原にあるキャンプ場は、日中と夜で気温差が大きかったり、同じ季節でも気温の変化が激しいことがあります。そこで、羽織りものを1枚用意しておくと安心です。

真夏でも虫や紫外線対策になるので、カーディガンやパーカーのどちらかを持っていくようにしてくださいね。

コットンなどの天然素材を選ぶ

キャンプでは、たき火やバーベキューなど、火を使うことも多いと思います(街ではこんなことしないですよね)。フリースなどの化学繊維は火に弱いので、火の粉が付いて穴が開いてしまったり、燃え広がってしまうことも…。

コットン(綿)やウールなど天然素材でできた洋服のほうが、燃えにくいです。さらに、耐熱効果があるアウトドア製品を選ぶとベストです。

スニーカーやブーツなど、動きやすい

引用:ZOZOTOWN

キャンプでは、電車や車などの移動手段がないため、基本的に自分の足で移動することになります。動きやすいのはやっぱり、スニーカーやブーツです。

新調するのであればキャンプの数週間前には購入して、何回か履いておくのがおすすめ。足に馴染んで、靴擦れしにくくなります。

低身長女子におすすめ!キャンプの服装

キャンプのようにアクティブな場面は、低身長女子の本領が発揮できるチャンス!元気に動き回って、子どもらしいあどけなさをアピールできるコーデを考えてみました。

ピンクのパーカー×ショートパンツ

引用:WEAR

カジュアルなパーカーも、ピンクなら女の子っぽくなります♡動きやすいショートパンツを合わせれば、元気なパワフルコーデの完成です♪

スニーカーソックスやくるぶし丈ソックスを合わせるのがおすすめですが、足を出すのが恥ずかしい…という場合は、ニーハイソックスもgood!元気+かわいいイメージが演出できます。

膝丈スカート×ダウンジャケット

引用:Instagram

ひざ丈スカートと、ダウンジャケットのコーデ。キャンプ場では夕方以降、ぐっと冷えることが多いので、持って行くと安心です。

とはいえ、夏の日中はさすがにちょっと暑いので、袖のないダウンベストに切り替えてくださいね。

サロペット×カットソー

引用:ZOZOTOWN

ショート丈のサロペットは、低身長女子にぴったり♡丈が短いボトムス+胸当てが子どもっぽさを強調して、かわいく見せてくれるんです。

サロペット選びのポイントは、胸とウエスト(お腹まわり)がぶかぶかになるサイズを選ぶこと。この部分がぱつぱつだと、子どもから一気におばさん化してしまいます(;_;)

ノースリーブワンピ×デニムジャケット

引用:WEAR

ノースリーブワンピに、デニムジャケットを合わせたシンプルなコーディネート。ジャケットを脱げば、日中の気温が高くても涼しく過ごすことができます。

写真のようにカラーキャップを合わせれば、ブラックやグレーの落ち着いたカラーのワンピースも、甘めにコーデに早変わり♡

汚れにくい&動きやすい服装でキャンプを楽しもう♪

キャンプでの服装のポイントは、3つ。

  1. 汚れの目立たない黒や紺を選ぶ
  2. そもそも汚れないように、丈の短いボトムスを選ぶ
  3. 靴はヒールのない、スニーカーまたはブーツを選ぶ

これだけ守れば、キャンプを思う存分、楽しめます。

もし、一緒にキャンプに行くのが意中の男の子や彼氏であれば、低身長女子向けのコーデを参考にしてみてください。いつもと違ったコーデで、男の子をキュンとさせちゃいましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください